What's New

2015年

2月

12日

大阪フィッシングショー無事終了

0 コメント

2014年

6月

24日

東京レプタイルズショー

先日行われた、東京レプタイルズショーの様子です。

 

2014年

4月

06日

アクリウム問屋 クロコ様展示会無事終了!

2014年

3月

18日

キープキャスト無事終了

0 コメント

2014年

3月

01日

大阪FSの次は名古屋キープキャスト

0 コメント

只今動画放映中!

武田栄・河畑文哉が大阪湾でチヌを大爆釣!エサローテーションの凄さがここに!

真冬の大阪湾でジグヘッドゲームメバル、ガシラの入れ食いモード突入を筆頭に巨大シーバスまで!

ボンドベイトに水を加えて生エサ状態に戻す方法をご紹介します。

ボンドベイトホームページ
ボンドベイトホームページ

ゴカイの養殖とは?

Bondbait ボンドベイト養殖
Bondbait ボンドベイト養殖

 

ゴカイの養殖とは?


ボンドベイトの製造元は、オーストラリア・シドニー市の郊外に拠点を置く世界有数のゴカイ養殖事業者です。

自然界におけるチューブワーム類の最大サイズは1mにも達しますが、養殖技術の革新により、釣餌として針に刺さりやすい太さと適度な長さに生産管理を行っています。

 

大規模養殖施設のもと低脂肪、高プロテイン100%天然飼料のみを使用して飼育されている多毛環虫(ゴカイやイソメ)類は高い栄養価を誇り、低脂肪で筋肉質な固体の量産に成功しています。

 

人口的な海洋ワーム生産に科学的な研究技術を組み込む事で、常に最先端の養殖技術の研究と開発を行っています。

 

ゴカイの養殖には新鮮な大量の海水が必要となります。

また、生産規模が拡大すると大量の餌が必要となる為アンモニアの分解など汚染水を濾過する装置が必要になります。

 

政府及び自治体の支援を受け、隣接する火力発電所で用いる冷却水を養殖場に取り込む事で、大規模養殖場で必要とされる大量の海水の確保が可能となりました。

 

最新の養殖設備は潮の満干を人口的に作り出す自動満干装置、高度に濾過処理されるアンモニア水分解装置を備えており、自然環境に全く左右されない高い生産力を誇ります。

 

安全かつ完全に人口管理されている養殖場は、非常に厳しいオーストラリアの環境基準を全て満たした事が証明されています。 

 

 

オーストラリアの養殖場
オーストラリアの養殖場